まったりのんびりつらつら日常
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
月がかわりますれば、夏。
どういうことかな。
暦の上で8月に突入したんですが今まだ病院のベッドの上ですよ、えるみです。

誰だい…会社の人に「2週間も入院したら困りますねー」とか宣ったのは(ええ、私です)
2週間過ぎちゃったじゃないですか…


さて、前回書いてた「詳しく検査」のやつですが、
まず、前日に食事を徐々に削られるというジャブが入り(入院生活の楽しみってもう食事くらいしか)
前日夜に簡単な下剤を飲んで当日の朝に軽くトイレと親しくなるというアッパーが入り、
そしてまっずい下剤を2リットル飲むというクリティカルヒット大ダメージを受けたわけですが(内視鏡で大変なのは偏にこの工程のせい)

そうして覗いた大腸は


先生「治ってないねー」



………(^-^)




でしょうね!(^-^)




薄々気づいてましたさ!



だって自分の身体ですもん…なんか変なのかそうでないかくらいは…入院までしてれば流石に分かるよっていうか、多分これ僅かだろうけど下血してるんだもん、治ってると言われた方が謎だよ(健康体で下血したら困っちゃうよ)



ただ、緩解期(通常の状態にあること)にはなってないけど、入院時より回復している、ということなので、このまま時期を見て、外来治療に切り替える方向になりました。
なんで、近々退院の予定です。

それにしてもおそらくは、先生の予想より治ってなかったらしい。
「僕もあたふたしちゃったよ」
って…そんな風に見えなかった…(笑)
しかし、私今回、どれだけ問題児なんでしょう…(まず、最初の掛かり付けの先生が真顔でかつ迅速に入院の手はずを整えた辺りから、血液検査で不可思議な数値叩き出したあたりとか、そして今回の内視鏡)


まあ実は、自分でも治ってる実感が薄かったりします。
朝がねー…明らかに健康体の朝じゃないもの…
でもそろそろいい加減、治って良いと思うよ、マイ大腸。




ところで。
職場関係に昨日(7月末)「検査の結果待ちでまだ退院が具体的に何日とか決まってないんです」というご報告を電話でしたら、
「じゃあ、8月も1日とかひょっとしたら2日とか休みになるかもしれないですよねー」
みたいに返されて、えるみさんちょっと戦慄しちゃいました…
言葉の綾とは思いますが、7月末日に退院できなくてどうやって8月初日に出勤するんでしょうか…え、病院to職場?(´・ω・`)
そんなばかな…
きっと7月と8月の切り替えが頭の中で出来てなかっただけと思いますが…

特に派遣元に強い傾向なんですけど(むしろ派遣先の方が寛大。派遣元は隙あらば働けの空気。道理ですが)退院したら翌日から働けるよね!のテイスト醸し出すの辛いから!
病み上がりって言葉知ってるかい!

確かに仕事に穴あけてるの私ですし、それはいけないことで、ご迷惑お掛けしてて大変申し訳ないんですが…
退院=健康体で元気溌剌☆…では無いことをお許し下さい…(´・ω・`)
すっげえ体力落ちてるし、朝は酷いときほどじゃないけどだるってるから…
(むしろ今回治療継続中)
本当…日本ってさ…
09:08 記憶-デキゴト comments(0)
comment

message :