まったりのんびりつらつら日常
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
あなたがもしも幸せだったなら、その幸せはどうぞ今でもずっと続いていて
 どうぞあなたが青い空のその上の、
 太陽の光でキラキラ輝く草原の中で
 元気に駆け回っていますように。

 いつか出会うその日まで。











だから私は、天国が必要だと思うのだ。
続きを読む >>
01:22 思想-オモウコト comments(0)
私が消えて残るものが、泡だけではないように
 なんか…最近…

 よくわかんないけど、自分が死んだら、のことを考える(笑
 しかも、それは「今」自分が死んだら、という仮定で、「今」だから
 親よりも先に逝ってしまうこと前提で、親不孝者だわ^q^

 まあ、残す財産もないので申し訳ないな(゚∀゚) というのが最初に来て。
 いや、葬式費用くらい残せよ、というツッコミをその横でもう一人の自分がして、
 むしろ、すねかじりがいなくなって負担軽減なのでは? と冷静にツッコムまた別の自分がいて。
 待てよお前ら、金のことばっかりかよ! とツッコムさらに別の自分がいますが何か^q^

 まあ、想像出来るのは、まだ死にはしないだろう、と思っているからかもですが(笑


 死んだ後に、私は何を思っていたかを伝えられる、人も物も何もないなと思った時に
 じゃあ、


 『つらいと思うことも、苦しいと思うことも、悲しいと思うことも、あるにはある人生だったけど。
 そんなこと、喉ものすぎれば熱さ忘れる、くらいの、普通なもので、
 死んでしまえばきっと私は、幸せな人生だったよ』


 と、言えるくらいの人生だなと、今のところは思うなあと。

 意味はないけど、残しておいてみたくなりました(*´v`*)
続きを読む >>
13:34 思想-オモウコト comments(0)
ココロ
 悔しいと思う心も、怖いと思う心も、悲しいと思う心も、
自分のことなら悔しいし、怖いし、悲しいけど、それがどれだけのものか分かる。

でも、人の心なら、それがどれだけのものなのか、想像でしか分からないから
いつも「最低限の事象」や「最悪の事態」を想定する私は
その心を想像すると気も、やっぱりそんなふうに考えてしまう。

時にそれは当たっていて、もしかしたら役立つこともあるかもしれないけど。
私はポジティブな性格ではないので、
励ましたり、立ち直らせたり、正の気を分け与えたり、
するのには不向きなんだろうなと考えたりする。

何か誰かに悲しいことがあった時、つらいことがあった時、私はそれを怖がって
腫れ物に触るみたいな扱いをしてしまっている、そんな気分になる。

何か人と接する時、不要なところまで考える。
たぶんそれは当たってない、誰もそんなところまで気にしないよwwww
…ってことかもしれない、杞憂な考えをして、結局手が回らなくなる。

そして、それは自分で居心地が悪かったり、つらかったりするので、
考えなくなる。


エゴや自己防衛の塊で心が鈍く、そして弱くなっている。
きっともう、ずーっと前から。
19:29 思想-オモウコト comments(0)
1/1PAGES